アンファンとは

アンファンとは

面会交流とは

面会交流とは?のキービジュアル

面会交流とは、両親が離婚した後に、離れて暮らす親と子どもが交流することです。

別居期間の交流も含みます。

アンファンとは

アンファンとはフランス語で「子ども」という意味です。

私たちは離婚後の親子のメンタルケアと教育に関する事業に親が離婚した子どもの当事者として取り組んできました。

離婚に直面したとき、大きな悩みとなるのがお子さんのことでしょう。

このサイトでは、離婚後のお子さんの面会交流について、養育について、離婚をどう伝えるかなど、離婚と子どもに関する様々なお悩みの解決のお手伝いをいたします。

両親の離婚に直面する子どもたちが、悩みを乗り越え、親御さんへの愛情や感謝を失うことなく成長していけますように。

応援人のメッセージ

伊藤 健太さん

僕も小さい頃に両親が離婚しました。両親の離婚というのは、子供に良い影響を与えることは絶対にありません。
とはいえ、離婚を否定しているわけではありません。ただし、子供にとってみれば、とても寂しい話です。
離婚するとなっても、子供については、最大のケアをしてあげてください。

アンファンは子供のことをしっかりと考えてくれる、とても頼りになる団体です!

http://wavy-inc.com/
株式会社ウェイビー
伊藤健太
 

さかきばら法律事務所
榊原富士子さん

アンファンの特色は、一貫して、子どもの視点を重視して面会交流をサポートするという立場にたっていることです。会えなかった親子が会えるよう、そして、会う時には子どもが安心できる環境で会えるよう、頑張っておられるアンファンを心から応援しています。

http://sakakibara-law.com/index.html
さかきばら法律事務所
榊原富士子
 

打越 さく良さん

高葛藤の父母が面会交流について折角合意しても、繊細な配慮のもとで実施されないと、父母・子どもの誰にとってもハッピーな面会でなくなることも、残念ながらあります。ハッピーな面会が継続するように適切な援助をすることは、とてもとても大切。親の視点も子どもの視点も知っているアンファンのもとでの援助者養成、大変期待していますし、力いっぱい応援します。 http://sakakibara-law.com/
http://genderlaw.jp/

さかきばら法律事務所
打越さく良
 

港南アール法律事務所
高柳良作さん

離婚時の争いの背景には、子どもと会えなくなる、という不安がある場合も少なくありません。
逆に、面会交流が別居後からできている場合、親権者について感情的な争いにならず、離婚後も継続した面会交流の実施でき、養育費もきちんと支払われることが多い、と個人的には感じています。
離婚後もお子さんが明るく過ごせるように、面会交流援助者養成に期待します。

http://konanr-law.jp/
港南アール法律事務所
高柳良作
 

きた法律事務所
北周士さん

争いのある離婚の場合、面会交流のハードルが高いことは事実です。
監護親からすれば「自分の一番大切なものを、現状一番信用できない人間」に預けることになり、非監護親からすればこのような考え自体が失礼ということになりがちです。 私自身も母子家庭で育っておりますが(死別)、私は、せっかく両親が健在なのであれば面会交流を行った方がよいと考えていますし(死んだら会えません)、 米国の研究ですが、面会交流を行った方がネガティブな交流であっても子の成長に資するというデータもあります。 アンファンの面会交流援助によって、 両親の面会交流に対する不安が取り除かれ、スムーズな面会交流が行われるようになることを期待しております。

きた法律事務所
北周士

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-6-3F
TEL 03-6272-3670
FAX 03-6272-3671
  • お問い合わせバナー